トップイメージ

直接的でないクレジットカードのやり方はたやすいです。

カードを経由してそのまま買えないものをそのまま払うというやり方ではなく二次的に買い付けするのがよりよいでしょう。

概略が簡素という根拠により、最初に商品券のモデルを採用して示してみようと考えます。

個人が価値のあるバックを使いたいと迷っています。

買いたい高価なバックを売っているお店では買おうとしてもクレジットカードで取引することが許されていません。

しかしJCB、American Express、Diners clubなどの金券を用いるなら買う事を承諾してくれるようです。

ですのでとある人物はクレジットカードを使用してギフトカードを取り寄せしてしまって金券を売っている店におもむきカードを駆使してDiners clubなどの金券を買い取りするとします。

そして使用したカードを利用して買ったVISA、American Express、NICOSなどのギフト券を店舗に持参して向かい手に入れたかった価値のある財布を注文したとしましょう。

「どうして金券でそれを購入した個人はそういった手間をとらせる事をしてるの?」と疑問に思う可能性があるかもしれませんが、解説した手法を活用するのであれば通常は獲得する事はないクレジットカードポイントが手に入れられます。

いつものように、お金を支払って高価なアクセサリーを購入したりしてもキャッシングポイントはつきませんしMasterCard、Diners clubなどのギフト券をお金で取り寄せしてから駆使してもクレジットポイントはもらえません。

けれども解説した事ではAmerican Express、NICOSなどのギフトカードをクレジットで注文したという根拠で素晴らしいバックを買い取りした状態と等しい数のクレジットカードポイントが手に入れられる事になります。

こういうケースが間接的にキャッシングを利用した事になるという理由により、直接的でないクレジットと言われる手法です。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ryanswebdesigns.info All Rights Reserved.