トップイメージ

どこにでもあるはじめたばかりの人向けのFX投資の本では「マイナスになった時はナンピン買いをすることで、平均のコストをコントロールする事が出来る」等記述されている事もありますが、それには相当大きな危険性があると思います。

まず、ナンピンのやり方についてとても簡単に記述しておきます。

たとえば、1ドル100円でドルを買ったとする。

$(ドル)買いですので、円安になればなるほど儲けが大きくなりますが、95円まで円高方向に触れたとします。

このままの状態で所有し続けたら利益がでるためには、損した分円安ドル高に動かなければなりません。

投資家であれば、マイナスは可能な限り早く回復したいと願うだろう。

これを解決するためはじめにエントリーしたのと同額のドルを、1ドル=95円で売買します。

それによって、ポジション全体の平均の買い付け単価は1ドル=97.50円まで低くする事が出来ます。

要するに、半分の幅でドル高が進むと、赤字を失くすことが出来ます。

これが、ナンピン買いの仕組みです。

このように、ナンピンの理論を耳にすると「納得だ」と考えるが市場はそう易々と問屋を卸してくれない。

もとより、1ドル95円が底だということなどなんびとも分かるわけがありません。

例として、マーケットが円高傾向だとすれば1ドル=95円ではとまらず、一段のドル安が加速するリスクは高くなります。

ひとつの例として、97.50円でナンピン買いをして1ドル=95円までドル安に進んだら、ナンピン買いを入れた分についても差損が生まれてしまいます。

その状況では、一番初めに売買したドルと全部で、二重の損失が生じます。

例示したとおり、ナンピン買いは難解です。

それなら、為替があなたの筋書きとは逆の方向にすぐに向ってしまった場合どのような手法で危険性を避ければいいのでしょうか。

ここで取れる方法は2つだけあります。

ひとつめは潔くあきらめて損切りをする事です。

別の方法としては今現在、所持している買いポジションを少なくして再び為替相場が回復するのを待つことだけです。

ずいぶん消極的な対策だと考える人もいるkもしれません。

だが、持っている買いポジションに損が生じた時、有効な対策はこれ以外には考えられない。

言うまでも無く、理屈の上ではナンピンを入れるという方法もあるように思える。

しかしナンピンは自分自身が損失を出している場面でポジションを減少させるどころかそれとは反対にポジションを買い増していく方法である。

この手法では、危険性を管理することなどどう頑張っても不可能だと思うべきです。

ナンピン買いを続ければ最終的には儲けが出るかもしれません。

だがしかし、その前に資金が無くなってしまいます。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ryanswebdesigns.info All Rights Reserved.