トップイメージ

為替への介入というのをご存知ですか?日本銀行が為替介入(外国為替平衡操作)をして新聞記事、テレビのニュースヤフーの報道で見たみなさんもたくさんいると思います。

元より為替への介入というと日本においては、大臣(財務大臣)為替の相場の安定化を保つように遂行する方策として考えられています。

要は、極度の円高もしくは円安になった際に財務大臣の用命によって日銀が円を売買して為替相場を安定化させるといったことです。

外国為替市場介入(為替介入)とはいくつかやり方があります。

1.単独介入・・・政府機関・日本銀行が、東京市場において積極的に市場に参加し為替の介入をする。

2.協調介入・・・多くの銀行などが話し合ったうえ、それぞれの銀行などが持ち金を以てみんなそろってないし時々外国為替平衡操作(為替介入)を行なう。

3.委託介入・・・他国の銀行などへ向けて介入の実施を委託する。

4.逆委託介入・・・日本銀行が他国の銀行などに成り代わり介入を実施する。

この通り種類があるのです。

いずれの方法の為替介入(外国為替平衡操作)も一時期、あるいは継続的に市場に多大な影響を与えると思います。

外国為替市場介入(為替介入)の資金は当たり前ですが国の誇りをかけているだけに桁外れです。

円を例に説明すると、いつもは数銭ごとに動いているレートが突然かなり変動をするのです。

投資家の方なら一回は経験したことがあると考えますがここまではスムーズに含み資産(もしくは含み損)が増えていた持ち高を保っていたのに、ポジションが決済しましたとのことで連絡が外為の会社よりメールが来ました。

得になったのかな(損失が出たのかな)?と気にしながら決済後の情報を確認すると自分の中で見込んでいた状況とは正反対の内容になってしまい度肝を抜かれたパターンがあったのです。

外国為替市場介入(為替介入)が実施された場合によくある話です。

こういったことから介入が実行されると、為替の市場の流れと正反対の変化をすることがわかりました。

なおかつ変化する金額の幅はかなりでかく動くため気をつける必要があります。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ryanswebdesigns.info All Rights Reserved.