トップイメージ

自動車重量税、別名重量税とは日本の自動車あるいはアメ車など愛車の生産している国やスポーツカー、ステーションワゴン等車の形状に関係なく、ホンダやポルシェ、等でも変わりなく負担義務を課せられている税です。

新車を登録する時もしくは定期車検の場合に支払わなければいけない税です。

納付税額はその車の重さにより決定されます。

「自動車重量税」と「自動車税」を比べると異なる税金ですから基礎を理解して一緒にしないようにしなければなりません。

「自動車重量税というものは自動車のウエートで」「自動車税は車の総排気量により」その金額が変わってきます。

それにより、買取時の扱いも違いますし注意しなければなりません。

自動車を買い取ってもらうときには支払い済みの自動車の額がいくら残っていたとしてもその税金が返ってくることはありません。

一方で自動車税の場合は既に納めた額を売却額に足してくれるようなことがありますが、重量税の場合は足されるといったことはなかなかないでしょう。

重量税については、車の売却時に既に納付した金額が残っているからと言って中古車買い取り業者にてその事実が材料になることはほとんどないものなのです。

なのでその次の支払い要は次の車検まで売らずに待ってから買取っていただくというのがベストでしょう。

車の引き取りの時は戻ってこない重量税でも、あるケースでしたら戻ってくることもあるのです。

というのは、車検が残ったままのクルマを廃車にするケースです。

要は抹消登録をした時に、残存期間に応じて重量税が返金されます。

ですが、中古車の引き取りの際はその車が廃車されるわけではないので還付されません。

また所有車の名義の変更をしてしまったケースや、盗難被害に遭った場合も還付を受けることはできません。

重量税の残っている期間がある愛車を手放すということは、つまり車検の効力がまだある車です。

そういったことを店側も考慮しますので自動車重量税が残っていれば、ある程度査定額が上がるでしょう。

もちろん売却額は業者によって異なりますが車検期間がまだあることが忖度されれば売却する自動車の査定額と比較するとそれほど損をするということもありません。

サイトMENU

リンク

Copyright © 1998 www.ryanswebdesigns.info All Rights Reserved.